FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

カテゴリ:痴女Yさん の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クンニ奉仕の申し込みはここから
Comment (-)

痴女Yさん(3) その後

それからは、会うたびにまずクンニしてた。
言われなくてもYさんのあそこに近づいて舐めるようになっていった。
昔から舐めるのは好きだったが奉仕という気持ちはあまりなかった。
でも、Yさんに気持ちいい言ってもらって、女性を気持ちよくする喜びを感じていた。
奉仕することでイッてもらうことで幸せを感じていた。

そして・・・Yさんは転勤で遠くに引っ越すことに。
「じん君のクンニ、最高だったよ。帰ってきたらまたいっぱいしてね」
Yさんには舐める楽しさを奉仕の楽しさを教えてもらいました。

終わり

こんなふうに舐めさせてみたい、痴女ってみたい女性からのメールもお待ちしています。

クンニ奉仕の申し込みはここから

痴女Yさん(2) 舐め犬の目覚め??

Yさんとは、毎回9時から17時のフリータイムを使って会っていた。

そして、出会いから何度目かのこと・・・

ホテルに着いてシャワーを浴びてベッドへ。
少し話をしていたら、
「じん君。ちょっとここに座って」
床を指さして言った。
下に座っているとYさんが近づいてきて脚を絡ませてくる。
そして、その脚をM字に開脚しはじめる。
目の前にはYさんのあそこが丸見え。
Yさんは自分でいじりながら
「見える?」
そして頭を掴んであそこの目の前へ
「もっと近くで見てて」
Yさんは目の前でグチュグチュ音を立てながらあそこをいじっている。

クンニ奉仕の申し込みはここから
続きを読む

痴女Yさん 出会い

舐め犬に目覚めるきっかけとなった話。

Yさんとは某チャットで知り合った。
同い年の主婦。会うつもりはないけど暇つぶしにということで世間話やエッチな話をしていた。
「私、男の人が感じているところ見ると興奮しちゃう」
「感じているところみると濡れちゃうもん」
「だから、責めたくなっちゃう」
「私、痴女かも」

いろいろ話して1か月くらいたったときに、
「じん君、責めさせてよ」
「話してたら責めたくなっちゃったんだもん」

こんな感じで会うことになった。

クンニ奉仕の申し込みはここから
続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。